家の模型

保証会社が連帯保証人に代わって家賃債務保証してくれる賃貸もある

賃貸の部屋

賃貸物件を貸し出ししている不動産会社や物件オーナーにとっては、安定的にビジネスを営んでいくために、貸し出ししている部屋を出来るだけ多く埋めること、そして、家賃を確実に払ってもらうことが重要です。この後者の目的のため、従来は連帯保証人に賃貸契約に関与してもらうというやり方が普通でした。
借主の家賃滞納という問題が起こった場合、連帯保証人がいれば、その人に家賃債務保証してもらって、確実に賃料を取り立てることが出来るわけです。ところが、近年は、連帯保証人を立てられない人が増えてきて、こうした人たちに部屋を一切貸さなかった場合、空き部屋を埋めることが難しいという状況になってきました。その結果、一つの解決策として、保証会社を利用するという方法が広く使われるようになってきました。
連帯保証人がいない借り手は、賃貸物件の賃料と管理費に上乗せして保証料を支払うことによって、家賃債務保証してくれる人の代わりに保証会社をバックアップとして使えることになります。連帯保証という重い責任を引き受けてくれるような人を探すのに比較すれば、保証料の支払いで対応できる保証会社の利用の方が、借り手にとっても遥かに好都合と言えるでしょう。

借主にも貸主にも好都合な保証会社利用可の賃貸物件

連帯保証人と言えば、賃貸契約を結ぶ際に、必ずと言っていいほど耳にする言葉です。ところが、最近は、連帯保証人が必須ではない賃貸物件も増えていることをご存じでしょうか。連帯保証人が何のために賃貸契約で必要とされるかというと、平たく言えば、家賃債務保証のためです。家賃債務というのは、基本的に物件を借りる借主本人が負う責任です。これを保証するというのは、借主がその責務を果たさなかった場合に、バックアップとしてこれを保証、すなわち立替払いをするということです。これが、連帯保証人の役割です。
しかし、賃貸物件の利用者が、皆が皆、苦も無く連帯保証人を見つけられるわけではありません。かと言って、こうした人たちが少なくない中、連帯保証人がいないことを理由に部屋を貸さないというやり方をすると、貸主のビジネスにも深刻なダメージが出てしまいます。そこで、保証会社を利用して賃貸契約が締結できるというように状況が変わってきたのです。
保証会社は、いわば、保証料という代金を払って雇える連帯保証人ならぬ連帯保証会社です。連帯保証人が見つけられずに部屋探しが難航している方は、是非、保証会社の利用が出来る賃貸物件に絞って探してみるといいでしょう。

転居時に連帯保証人が見つけられないなら保証会社を頼ろう

今までは連帯保証人を頼める人がいたので、何の問題もなく賃貸マンションを使うことが出来たけれど、転居にあたり状況が変わってしまったということも十分にあり得ます。転勤などを機に新しい賃貸マンションに移ろうとしたタイミングで、今まで連帯保証人を頼んでいた身内が他界してしまうというような場合です。
このようなことが起こると、その後、賃貸マンションを借りることが一切できなくなるかというと、そんなことはありません。連帯保証人に代わって家賃債務保証の責を担う保証会社という会社があります。次に生活する予定のエリアにある不動産業者に相談してみれば、連帯保証人を立てずに、保証会社を利用して入居できる物件がいくつもあることが分かるはずです。
不動産業者に直接相談するのもいいですが、連帯保証人なしで契約可能な物件は、賃貸情報サイトでチェックして見つけることも可能です。転居にあたり、急いでそうした物件を探す必要に迫られたら、最初から連帯保証人不要という条件も指定した上で一括検索すると効率的です。保証会社を使う賃貸では、家賃だけではなく保証料も払う必要があるため、その金額や支払い方法については、入居申し込み前に不動産業者に確認しておきましょう。

保証会社利用という新たな選択肢のお陰で借りやすくなった賃貸物件

住居として賃貸物件を利用する際、直面する可能性がある問題は大きく分けて二つあります。一つは、賃料が高くて今の収入では支払うのが厳しいことです。これに関しては、賃貸物件のグレードを少し落とすなどして、安めの賃料のところを選べば対応できます。もう一つが、連帯保証人を見つけられない場合です。これは、賃料問題に比べると、遥かに厄介な問題です。連帯保証人は、家賃債務保証という非常に重い責任があ…

More Details

保証会社を使える賃貸マンションなら連帯保証人探しをしなくて済む

賃貸契約にあたり、血縁に依頼することが多い連帯保証人ですが、人によっては、そのような依頼が出来る血縁がいない、または、いるとしても、経済力その他の事情を考えると、頼める状況ではない場合も多いです。そんな時は、保証会社を利用して契約できるタイプの賃貸マンションを探しましょう。一般には、まだ、連帯保証人を立てるケースの方が多く、保証会社の存在そのものについてさえ知らない人が多いかもしれま…

More Details

賃貸契約の家賃債務保証は保証会社に任せることも可能

賃貸契約を結んで賃貸物件に入居すると、借主には、毎月家賃を支払う責任が生じます。これは、正式には家賃債務と呼ばれる責任で、借主がこの責任を果たさなかった場合は、家賃債務保証の責を負う立場の者が代わりに支払いをしなければなりません。これが、賃貸物件の入居契約において連帯保証人が必要とされる理由です。では、連帯保証人を何らかの事情で見つけられない場合は、賃貸物件を全く借りることが出来ない…

More Details

外国人の方も賃貸契約にあたって利用出来る便利な保証会社

賃貸マンションを借りて暮らす際、連帯保証人を立てるよう要求されるのが通常です。連帯保証人と言えば、借主が家賃滞納した場合に、借主の代わりに所定の賃料を払う責任がある立場です。これを家賃債務保証と言いますが、物件の家賃が高い場合、かなり重い責任を負うことになります。従って、ただの知り合いなどに気軽に依頼できるわけではなく、殆どの賃貸利用者は家族に頼みます。しかし、国内に家族がいない外国…

More Details

NEW POST

2019年09月25日
外国人の方も賃貸契約にあたって利用出来る便利な保証会社を更新しました。
2019年09月25日
賃貸契約の家賃債務保証は保証会社に任せることも可能を更新しました。
2019年09月25日
保証会社を使える賃貸マンションなら連帯保証人探しをしなくて済むを更新しました。
2019年09月25日
保証会社利用という新たな選択肢のお陰で借りやすくなった賃貸物件を更新しました。
TOP